味噌汁でカンパイ!をじっくり試し読みしてみた

笹乃さいの漫画「味噌汁でカンパイ!」をじっくり試し読みしました。幼馴染に萌えつつ、美味しい味噌汁の作り方が学べる実用性◎な良書です。
MENU

味噌汁でカンパイ!をじっくり試し読みしてみた

まんが王国にて「味噌汁でカンパイ!」をじっくり試し読みしてみました。

 

( ゚∀゚)・∵.カハッ!!

 

こ、こんな幼馴染が欲しい・・・。心からそう思える漫画でした。

 

幼馴染萌えや、味噌汁を美味しく作りたい人は、要チェックの漫画やでっ!

味噌汁でカンパイ!のあらすじ

中学生になる善一郎(ぜんいちろう)は、父親と二人暮らし。

 

朝の時間は父とバラバラなため、朝ごはんはカップ味噌汁とおにぎりとかでずっと済ませている。

 

これは9年前、母親を亡くしてから、ずっとだ。

 

そんな善一郎の食生活を知った幼馴染の八重(やえ)は、善一郎のため、朝食に味噌汁を作る決意をする。

 

最初はしじみ汁の砂抜きさえ知らなかった八重。

 

しかし、毎朝、善一郎に味噌汁を作ってあげる中で、どんどんレパートリーを増やしていく。

 

善一郎は八重の作った味噌汁や料理を食べることで、家庭の味というのを思い出していく。

味噌汁でカンパイ!の主な登場人物

善一郎(ぜんいちろう)
中学生の男の子。八重からは「善」と呼ばれている。9年前に母親を亡くし、父親と二人暮らししている。
しじみの味噌汁が好きで、たまに自分で作ったりもする。
小さい頃に八重に告白しているが「私がなりたいのは善のお母さん」という理由で振られている。

 

八重(やえ)
中学生の女の子。善一郎の幼馴染。9年前、母親を亡くして落ち込んでいる善一郎に「ずっとそばにいる。お母さんにだってなってあげるよ。」と約束している。
その約束通りというべきか、毎朝、善一郎にご飯を作ってあげるようになる。
善一郎のことを少なからず意識しているように見えるが、まだ恋というものをよく分かっていない。

味噌汁でカンパイ!の感想

善一郎が羨まし過ぎる・・・。あんな可愛い幼馴染が毎朝、味噌汁を作りに来てくれるなんて・・・。

 

は〜〜〜、八重ちゃんみたいな幼馴染がいる人生を送りたかった・・・。・゚・(ノД`)・゚・。

 

なんで漫画の幼馴染って、隣の家に住んでんだよ。そんな状況、現実で聞いたことねえよ。ちくしょう。

 

それにしても最近、グルメ漫画が増えてきましたね。増えてきたからこそ、この漫画みたいに何かに特化した漫画も出てきた希ガス。

 

そう、この漫画は味噌汁特化のグルメ漫画です。八重ちゃんにニヤニヤしつつ、様々な味噌汁の作り方も学べるぞよ。

 

いい奥さんになりたい女の子は、読んでおくべしm9(・∀・)ビシッ!!

 

きっと男の子の多くは、八重ちゃんみたいな女の子にキュンキュンするぞ。

このページの先頭へ